トップ等位接続詞 and, but, or

中学英語「等位接続詞 and, but, or」

今回は話の流れを途切れさせずスムーズに2つの文を接続する、
等位接続詞 and, but, or「そして」「しかし」「または」
の文法について、復習をします。

《課題文》

・I have a pencil, an eraser, and a knife.
 私はペンと消しゴム、そしてナイフをもっています。

・You are young, but I am old.
 あなたは若い。だけど私は歳とっている。

・Who is taller, Jane or Helen?
 ジェーンとヘレンはどちらが背が高いの?

《解説》

and は「そして」「~と」「~して」の意味で、語句・文を対等の関係で結びつけます。
「AとBとC」と言う場合は「 A, B and C 」のように、最後の2つの間に and を入れます。

but は「しかし」「~だが」の意味で、語・句・文を結びつけます。
その場合、前の部分と後の部分は相反する関係になります。 

or は「または」「それとも」の意味で語・句・文を結びつけます。
or は、疑問文によく使われます。また、「~も…もない」の意味の否定文にも or を使います。

She cannot sing or dance.
彼女は歌うことも踊ることもできない。

●「命令文,+ or ~」は「…しなさい、さもないと~」の意味に、
そして「命令文, + and ~」は「…しなさい、そうすれば~」の意味となります。

《問題》

[ ] に and, but, or のどれかを入れてみてください。

(1) ケンは泳げます。しかし私は泳げません。

 

(2) コーヒも紅茶も好きではありません。

 

(3) すぐにスタートしなさい。さもないと遅れるでしょう。

 

(4) すぐに出発しなさい。そうすればバスに間に合うでしょう。



a:2738 t:5 y:3