トップshould, would like to ~

中学英語「should,would like to ~ すべき、したい」

■ should, would を使った表現:

日常会話では、この would like to ~ 、とりわけ省略形の I'd like to ~ を本当に良く使います。話す話題やシチュエーションによっても違いますが、良く使うベスト3を選んだ場合には、必ず入ってくる表現です。

・We should love one another.
 私たちはお互いに愛し合うべきです。

・You should not go out at night.
 あなたは、夜外出しないほうがいい。

・I would like to have some more cake.
 もう少しケーキをいただきたいのですが。

shouldshall の過去形ですが、
「~すべきだ、~するのが当然だ、~したほうがいい」
などの意味で、現在の文に用いられることが多いです。

ただし、命令や強制を含む must(~しなければならない)
ほど強い意味は持っていません。

should not ~ は、
「~すべきではない、~しないほうがいい」
の意味の否定文。

・You should not stay here.
 君はここにいないほうがいい。

will の過去形 would を使った would like to
は「~したいものだ」の意味で、want to ~ よりも
ひかえめな言い方になります。

I should like to ~としても意味は同じです。
口語では I'd like to ~ と短縮して使われることが多い。

・I'd like to go to the movies.
 私は映画に行きたいです。

問題

次の文を日本語になおしてみてください。


HINT:
(1) careful 「注意深い」の意味。
(3) go swimming 「泳ぎに行く」


a:1644 t:1 y:2