トップ英文での符号の使い方

中学英語|英文での符号の使い方

中学英文法のやり直し学習をしています。
英文の中にはいろいろな符号が出てきますが、今回はその使い方についてまとめてみました。

何気なしに使っていますが、それらにはきちんとした使うためのルールがありますので、この際にしっかり復習をしておきましょう。

符号


英文での符号の使い方

1)ピリオド( . )

 ふつうの文や命令文の終わりにつける。
 It is Sunday. Look at this picture.
 

2)コンマ( , )

 ①文の中での小休止に
  Hello, Mike. Yes, it is.
 ②語や句が並置されるとき
  I like blue, red, and white.
 ③時・場所などに
  December 25, 1987 Portland, OR
 

3)クェスチョン・マーク( ? )

 疑問文の終わりに。
 What is your name?
 

4)エクスクラメーション・マーク( ! )

 感嘆文の終わりに。
 How beautiful that lady is!
 

5)アポストロフィー( ' )

 ①所有の関係を表す場合
  Tom's camera today's paper
 ②文字の省略のしるしに
  She isn't tall. You aren't a teacher.
 

6)コロン(:)

 ①時刻を表す数字と共に
  10:15 16:40
 ②「次のとおり」ということを表して
  There are four seasons in a year : spring, summer, autumn, and winter.
 

7)ドッツ(...)

 言いかけて中断したとき。
 Well... where are you going?
 

8)ハイフン( - )

 ①合成語に
  good-by
 ②数字に
  fifty-four ninety-eight
 

9)ダッシュ(-)

 文中の語句を別の言葉で言いかえるとき。
 I bought a dolla big Micky Mouse.
 

10)クォーテーション・マークス(“  ”)(‘ ’)

 ①人の言葉を引用するとき
  He said, “You are kind.”
 ②とくに注.意をひきたい言葉に
  This road is known as the ‘Silk Road.’


a:50 t:1 y:0