トップ数えられる名詞(普通/集合名詞)

数えられる名詞(普通/集合名詞)

社会に出てから英語学習を再開した人が一番先にやるべきことは、中学英語/文法の復習です。一度習ったことのある内容なので、かなり時間が経過したあとでもスムーズに記憶が蘇ってきて、より強く定着させることができるようになるものです。

私は、結局、それが一番英会話ができるようになるための近道だと思っています。
今回の学習対象は「数えられる名詞」で、普通名詞と集合名詞を復習します。

1.数えられる名詞

数えられる名詞には2つのタイプがあります。
1個、2個と数えることができる「普通名詞」と、人や物がグループとして集まった「集合名詞」です。

普通名詞

人/動物/物など、同じ種類のものに共通する名詞。
・単数形には、aan がつき、
・複数形には、語尾に -s, -es をつけるものと、
       不規則な形のものとがある。

 (単数)   (複数)
a + ball   balls
anapple  apples

brother (兄・弟), teacher (先生), cat (ねこ), table (テーブル) など。

集合名詞

同じ種類の人や物のグループを表す名詞。
・グループを1つの単位と見るときは 単数に扱い、
・グループを構成する人や物一つ一つに重点をおいて見るときは 複数に扱う。

class (学級), family (家族), people (国民) など。

His family are all early risers.
彼の家族の者はみんな早起きです。

 

コラム

ここでのポイントは、
・母音(a,i,u,e,o)で始まる単数の単語は、不定冠詞を「an」にする。
・複数形にするときに、es や yをiに変えて es をつける。
というところですが・・・、

間違えても会話ではほとんど通じるので、あまり神経質にならずに、間違えたときにその都度注意していく・・というくらいでも良いでしょう。(友人との日常会話を目的とするなら)

《問題》

名詞を選び、単数か複数か言いなさい。

 
HINT:
(4)「クラスの生徒一人一人」に重点がおかれている。

次:数えられない名詞(固有/物質/抽象名詞)


a:521 t:1 y:0