トップ不定詞 tell … to ~

中学英語「不定詞 tell…to~ …に~するように言う」

今回も中学の英語文法で習った不定詞の復習です。
何度も同じようなことを書きましたが、SVOの超基本文から少しずつ会話の表現力を伸ばそうとする場合、まず最初に来るのが不定詞です。

中級を目指すのなら、その第1の関門である不定詞をしっかり学習して、使いこなせるようになっておくことが大事です。

・Mother told me to get up early.
 母は僕に早く起きるようにと言った。

・Mother told me not to watch TV.
 毋は僕にテレビを見ないようにと言った。

tell + 目的語(人) + to ~ は、
 「(人)に~するように言う」の意味を表します。
 「~しないように言う」のように否定する場合は、to の前に not を置きます。
 この not は to ~を打ち消す働きとなります。

ask + 目的語(人) + to ~ は、
 「(人)に~するようにたのむ」となります。

 I asked him to do the work.
 私は彼にその仕事をするようにたのんだ。

 She asked us not to go out.
 彼女は私たちに外出しないようにたのんだ。

want + 目的語(人) + to ~ とした場合は、
 「(人)に~してもらいたい」という意味となり、to ~ のことを期待する言い方となります。

 I want you to be happy.
 私はあなたに幸福になってもらいたい。

問題

( )内の語を正しい順になおしてみてください。

(1) 私はトムに宿題をするように言った。


 

(2) 君は私に何をしてもらいたいのですか?


HINT:
(1) told + 人 + to ~ の文型
(2) want + 人 + to ~ の文型


a:1231 t:1 y:2