トップ不定詞 形容詞的用法

中学英語の復習「不定詞 形容詞的用法」

毎回、中学英文法の重要ポイントを効率よく復習し、基礎力のアップを図っています。
今回は「不定詞 形容詞的用法」についての復習です。
 
不定詞には、「名詞+不定詞」の形で「~するための、~すべき」の意味となって名詞を修飾する用法があります。形容詞のように名詞を修飾するので、これを形容詞的用法といいます。

a book to read読むための本 → 読む本
a lot of things to readたくさんのすること

I want a magazine to read.
私は読む雑誌が欲しいです。

She has a lot of things to do.
彼女はすることがたくさんあります。

また、次のように不定詞のあとに前置詞がつくケースもあります。

a house to live in住む家
a chair to sit on座るイス


そして somethinganything などにおいては、形容詞があとにきますが、不定詞はさらにそのあとにつくことになります。

something cold to drink何か冷たい飲みもの


問題

[ ] に適当な語を書いて英文を完成してみてください。

(1) テレビを見る時間がありません。

 
(2) 何か食べるものがありますか。

 
HINT:
(1)「見るための時間」
(2)肯定文であれば something to eatとなります。


a:889 t:1 y:0